小田急電鉄は6月1日の創立記念日に合わせ、小田急沿線のまちへの愛着や駅への親しみ醸成のため、小田急線全70駅に設置している駅スタンプを一斉リニューアルし、使用開始したと発表した。

新宿駅の駅スタンプ

新たに使用開始する駅スタンプは、小田急線各駅のまちの特色や駅舎の特徴などをコンセプトに、かつて使用していた懐かしの改札鋏の切込み形なども加え、細部までこだわったデザインとした。

小田急線の起点となる新宿駅の駅スタンプは、高層ビル群を背景に走る特急ロマンスカーをデザイン。片瀬江ノ島駅の駅スタンプは、特徴となっている本格的な竜宮造りの駅舎を前面に配置した。黒川駅の駅スタンプは、読売日本交響楽団演奏によるクラシック楽曲が駅構内BGMとして流れていることなどを表現している。その他、さまざまな駅スタンプに現役車両や引退車両をデザインした。


片瀬江ノ島駅と黒川駅の駅スタンプ

スタンプカラーは3種類。小田原線の駅は特急ロマンスカー・GSE(70000形)をイメージした赤、江ノ島線の駅は海をイメージした青、多摩線の駅は丘陵をイメージした緑を採用している。駅スタンプは改札窓口の駅係員へ申し出ることで利用可能だが、一部の駅では係員不在時間帯に利用不可となる(係員不在時間帯は小田急電鉄公式サイトの「駅・時刻表」から確認できる)。今後はスタンプの収集を楽しめるような企画も検討していくとのこと。

#駅 #小田急電鉄 #子鉄


小田急電鉄、創立記念日に全70駅の駅スタンプを一斉リニューアル

関連記事

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど

JR東日本、川越線笠幡駅に臨時改札口を開設 – 列車停止位置も変更

えちごトキめき鉄道 413系 455系 3両編成、7月4日から営業運転