上田電鉄は、別所線開業100周年と塩田平の文化財群「太陽と大地の聖地」の日本遺産認定1周年を記念した取組みを6月17日から実施する。

上田電鉄が6月17日から記念事業を実施する

記念事業のオープニングとして、6月17日9時から別所温泉駅でイベントを開催。上田女子短期大学の学生によるミニ演奏会を行うほか、6月17~28日の期間、駅舎内に設置する予定のストリートピアノ「LovePiano」がお披露目される。

6月19日には、日本遺産認定1周年を記念したラッピング車両が登場。別所線の車両1編成(2両編成)と、上田バス・信州上田レイライン線の車両1台に上田市の日本遺産をイメージしたラッピングを施して運行する。6月19日午前に下之郷駅で出発式を行う。

上田バスは6月19・20日の2日間、日本遺産認定1周年を記念し、信州上田レイライン線(下之郷駅から別所温泉まで巡るルート、通常200円)を運賃無料で運行。車内で記念乗車券を配布する。

別所線の終点、別所温泉駅

同じく6月19・20日の2日間、別所温泉駅では同駅から上田駅まで利用できる当日限定の乗車証を無料配布する。9~16時に別所温泉駅で降車した人(先着500名)が対象となる。

#中小私鉄 #三セク #電車


上田電鉄、別所線開業100周年などの記念事業 – ラッピング車両も

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題