川崎重工業は31日、ICT技術を用いた鉄道の軌道遠隔監視サービスを北米で初めて開始すると発表した。このサービスの契約を大手鉄道輸送会社と締結し、その会社が管理する路線を走行する機関車に監視装置を搭載。軌道の常時監視などの保守支援を行う。

軌道遠隔監視サービスのイメージ

鉄道インフラにおいて、運行を維持するために日頃の点検業務が重要とされており、軌道(線路)の点検では、専用車両による走行チェックや徒歩巡回による目視点検などで軌道の健全性を確認し、メンテナンスのタイミングを計画している。

今回発表された軌道遠隔監視サービスでは、センサーやカメラなどの監視装置を車両に設置し、営業運転時に軌道の幅や高さ、ゆがみなどを走行しながらリアルタイムに計測・解析。軌道の異変が発生すれば即座に鉄道事業者に通知するという。

蓄積したデータを分析し、適切なメンテナンス時期を予測・提示することで、効率的な軌道の保守支援が可能に。営業運転時にデータ収集することで、検査専用車両の運転頻度や目視点検を減らすことができるようになり、省人・省エネ化だけではなく、コスト低減にも寄与するとのこと。

#鉄道車両メーカー #鉄道技術


川崎重工、北米でICT技術を用いた鉄道の軌道遠隔監視サービス開始

関連記事

鉄道会社が走らせるのは電車だけじゃない!? 小型カート、電動キックボード、ヘリコプター いろいろあります各社のモビリティ【コラム】

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ