廃車処分となった貨車はロボットで自動的に解体され、その解体時間はわずか1時間ほど。その後、高度な加工を経て、農機具や金属製品として生まれ変わる。26日、安徽省馬鞍山市に建設された鉄道物資リサイクル生産基地が操業を開始し、鉄道廃棄物資がここで「生まれ変わる」ことになる。人民網が伝えた。

年間約4000両の廃車処分となった機関車、客車、貨車の解体、12万5000トンの廃棄処分となったレールや5万8000トンのスクラップの処理など、鉄道物資リサイクルのハイエンド・スマート製造産業プロジェクトとして、馬鞍山生産基地の生産規模は年間21万トンに上り、自主開発した自動化廃棄貨車解体生産ライン、廃棄レール処理生産ライン、廃棄客車カスタム装飾生産ラインを備えている。

廃車処分となった客車、貨車、レールなど鉄道物資が「生まれ変わり」、農機具部品や工事用機械部品、金属器具といった市場で必要とされる製品となるリサイクル利用は、廃棄物を「宝」に変えて、効率の高いエコロジーな産業チェーンを「循環」させるプロセスを進めている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

#廃棄 #廃棄物 #車両 #中国


廃車となった車両はどこへ?鉄道廃棄物資が「生まれ変わる」場所—中国

関連記事

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ

JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ