廃車処分となった貨車はロボットで自動的に解体され、その解体時間はわずか1時間ほど。その後、高度な加工を経て、農機具や金属製品として生まれ変わる。26日、安徽省馬鞍山市に建設された鉄道物資リサイクル生産基地が操業を開始し、鉄道廃棄物資がここで「生まれ変わる」ことになる。人民網が伝えた。

年間約4000両の廃車処分となった機関車、客車、貨車の解体、12万5000トンの廃棄処分となったレールや5万8000トンのスクラップの処理など、鉄道物資リサイクルのハイエンド・スマート製造産業プロジェクトとして、馬鞍山生産基地の生産規模は年間21万トンに上り、自主開発した自動化廃棄貨車解体生産ライン、廃棄レール処理生産ライン、廃棄客車カスタム装飾生産ラインを備えている。

廃車処分となった客車、貨車、レールなど鉄道物資が「生まれ変わり」、農機具部品や工事用機械部品、金属器具といった市場で必要とされる製品となるリサイクル利用は、廃棄物を「宝」に変えて、効率の高いエコロジーな産業チェーンを「循環」させるプロセスを進めている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

#廃棄 #廃棄物 #車両 #中国


廃車となった車両はどこへ?鉄道廃棄物資が「生まれ変わる」場所—中国

関連記事

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ