平潭海峡公鉄大橋は、国家高速道路ネットワークの北京と台北を結ぶ京台線の重要な構成要素となる。中国新聞網が伝えた。

同橋は、世界三大強風海域の一つで「橋建設禁止エリア」といわれてきた福建平潭海峡に架けられた、世界で最も長い、国内初の海峡道路鉄道両用大橋。大橋の全長は16.3キロメートル、海を跨ぐ区間は11.15キロメートル。上層は双方向6車線の高速道路で、設計時速100キロメートル。下層は複線鉄道で、設計時速200キロメートル。2020年10月1日に高速道路が開通・テスト運営を開始し、同年12月26日に鉄道が開通・運行を開始した。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

#福建省 #道路 #高速道路 #世界


平潭海峡公鉄大橋を上空から撮影—福建省

関連記事

【遠州鉄道】地上14階建て、総戸数39戸の新築分譲マンション「ブライトタウン浜松ザ・フロント」7/3よりプロジェクト発表会開催決定。来場予約受付開始。

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は