菅首相は29日、JR高輪ゲートウェイ駅(東京都港区)前で見つかった明治初期の鉄道遺構「高輪築堤」を視察した。

高輪築堤は1872年(明治5年)、東京・新橋と横浜を結んだ日本初の鉄道区間の一部。

首相は視察後、記者団に「明治日本の近代化のまさに発祥だ。本当に素晴らしい。感動した」と語った。史跡指定の可能性については「次の世代に引き継いでいくことが大事だ。文部科学省で色んな手続きがあるだろうから、しっかり取り組んでほしい」と述べた。

#首相 #視察 #明治 #東京


「次の世代に引き継ぐ」首相、日本初の鉄道区間の一部「高輪築堤」視察

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用