菅首相は29日、JR高輪ゲートウェイ駅(東京都港区)前で見つかった明治初期の鉄道遺構「高輪築堤」を視察した。

高輪築堤は1872年(明治5年)、東京・新橋と横浜を結んだ日本初の鉄道区間の一部。

首相は視察後、記者団に「明治日本の近代化のまさに発祥だ。本当に素晴らしい。感動した」と語った。史跡指定の可能性については「次の世代に引き継いでいくことが大事だ。文部科学省で色んな手続きがあるだろうから、しっかり取り組んでほしい」と述べた。

#首相 #視察 #明治 #東京


「次の世代に引き継ぐ」首相、日本初の鉄道区間の一部「高輪築堤」視察

関連記事

鉄道会社が走らせるのは電車だけじゃない!? 小型カート、電動キックボード、ヘリコプター いろいろあります各社のモビリティ【コラム】

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ