菅総理は、明治時代の鉄道遺構「高輪築堤」を視察しました。

「高輪築堤」は日本で初めての鉄道を開業する際、海上に作られた石の堤防で、高輪ゲートウェイ駅周辺の開発工事で発見されました。

菅総理は「明治の錦絵に描かれている橋梁がそのまま存在している」と指摘したうえで、次のように語りました。

「2年ちょっとでこうした物を建設できるのは、本当に素晴らしいなと。正直いって感動致しました」( #菅義偉 首相)

(29日16:20)

#視察 #首相 #最古 #菅首相


日本最古の鉄道遺構“高輪築堤”菅首相が視察「感動した」

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題