27日午後3時50分頃、岩手県釜石市の三陸鉄道リアス線唐丹—平田駅間で、釜石発盛駅行きの上り普通列車(2両編成)が走行中、運転士がトンネルの入り口付近に2頭のシカを発見し停車した。その後、シカがトンネル内に進入したため、列車は約4・7キロ先の出口までシカを追いながら徐行運転し、唐丹駅に約50分遅れて到着した。この影響で計4本の列車が遅れ、約200人に影響した。

#シカ #トンネル #影響 #岩手県


鉄道トンネルにシカ進入、列車が追いかけながら徐行運転…50分遅れで駅到着

関連記事

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介

レトロ気動車が続々集結 「気動車博物館」の様相の小湊鉄道&いすみ鉄道

JR西日本、きのくに線サイクルトレイン本実施へ – 利用時間も拡大

JR北海道「ラベンダー編成」の特急「北斗」12/4から世界遺産PR実施

「JR東日本駅たびコンシェルジュ」12/1開業イベントで列車から中継

東京モノレール「キキ&ララ モノレール」2編成目を公開