相模鉄道は、相鉄線天王町駅に副駅名称「横浜ビジネスパーク前」を導入すると発表した。新設する「YBP口(横浜ビジネスパーク口)改札」の使用開始と同じ5月29日から、副駅名称も使用開始となる。相鉄の副駅名称の使用はこれが初めてとなる。

天王町駅に設置する駅名標イメージ
二俣川駅で実施した実証試験の様子

あわせて天王町駅では、5月29日から同駅の改札口とコンコースにて、AI画像解析技術を活用した駅利用者サポートの本格導入に向けた試験運用も開始する。

セントラル警備保障が提供するAI画像解析技術を活用した防犯カメラシステムを使用し、駅構内に6台のカメラを設置。白杖や車いすなどを使っている駅利用者を検知する。検知情報を目視で確認したセントラル警備保障の監視員が駅係員に通知し、駅係員が利用者に近づいてサポートを行う。

#駅 #相鉄


相鉄、天王町駅に副駅名称「横浜ビジネスパーク前」5/29から導入へ

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題