相模鉄道は、相鉄線天王町駅に副駅名称「横浜ビジネスパーク前」を導入すると発表した。新設する「YBP口(横浜ビジネスパーク口)改札」の使用開始と同じ5月29日から、副駅名称も使用開始となる。相鉄の副駅名称の使用はこれが初めてとなる。

天王町駅に設置する駅名標イメージ
二俣川駅で実施した実証試験の様子

あわせて天王町駅では、5月29日から同駅の改札口とコンコースにて、AI画像解析技術を活用した駅利用者サポートの本格導入に向けた試験運用も開始する。

セントラル警備保障が提供するAI画像解析技術を活用した防犯カメラシステムを使用し、駅構内に6台のカメラを設置。白杖や車いすなどを使っている駅利用者を検知する。検知情報を目視で確認したセントラル警備保障の監視員が駅係員に通知し、駅係員が利用者に近づいてサポートを行う。

#駅 #相鉄


相鉄、天王町駅に副駅名称「横浜ビジネスパーク前」5/29から導入へ

関連記事

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介

レトロ気動車が続々集結 「気動車博物館」の様相の小湊鉄道&いすみ鉄道

JR西日本、きのくに線サイクルトレイン本実施へ – 利用時間も拡大

JR北海道「ラベンダー編成」の特急「北斗」12/4から世界遺産PR実施

「JR東日本駅たびコンシェルジュ」12/1開業イベントで列車から中継

東京モノレール「キキ&ララ モノレール」2編成目を公開