宇都宮ライトレールは、5月27日に「ライトライン」の1編成目となる車両が宇都宮の車両基地に到着したと発表した。先頭車・中間車・後尾車が車両基地へ搬入され、レールに乗せての連結作業が行われたという。

ライトライン1編成目の車両が宇都宮の車両基地に到着

「ライトライン」の愛称は、トータルデザインコンセプトから「雷都」を取り、「道筋」や「つながり」を表す「ライン」と組み合わせたほか、「(未来への)光の道筋」といったメッセージも込めている。2020年12月から2021年1月まで実施した「車両愛称アンケート」にて、全体の約半数を獲得して最多得票となり、この愛称が採用された。

宇都宮ライトレールの公式Twitterによれば、「ライトライン」の車型は「HU300形」とのこと。同社サイトの事業概要にて、3車体連接の低床式車両(全長約30m、定員約160名)を17編成導入する予定であることも紹介されている。

#新線 #車両新造 #改造 #新型車両 #電車 #路面電車 #LRT


宇都宮ライトレール「ライトライン」(HU300形)1編成目が車両基地に

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用