赤羽一嘉国土交通相は28日の閣議後記者会見で、混雑状況などに応じて鉄道の運賃を変える変動運賃制について「多くの利用者に多大な影響を及ぼす観点から、導入の可否も含めて利用者目線に立って十分な検討を行っていく必要がある」と語った。政府は同日閣議決定した2025年度までの「交通政策基本計画」に、変動運賃制の導入検討を盛り込んだ。

#検討 #国交相 #閣議 #赤羽一嘉


「利用者目線で検討」=鉄道の変動運賃—赤羽国交相

関連記事

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介

レトロ気動車が続々集結 「気動車博物館」の様相の小湊鉄道&いすみ鉄道

JR西日本、きのくに線サイクルトレイン本実施へ – 利用時間も拡大

JR北海道「ラベンダー編成」の特急「北斗」12/4から世界遺産PR実施

「JR東日本駅たびコンシェルジュ」12/1開業イベントで列車から中継

東京モノレール「キキ&ララ モノレール」2編成目を公開