赤羽一嘉国土交通相は28日の閣議後記者会見で、混雑状況などに応じて鉄道の運賃を変える変動運賃制について「多くの利用者に多大な影響を及ぼす観点から、導入の可否も含めて利用者目線に立って十分な検討を行っていく必要がある」と語った。政府は同日閣議決定した2025年度までの「交通政策基本計画」に、変動運賃制の導入検討を盛り込んだ。

#検討 #国交相 #閣議 #赤羽一嘉


「利用者目線で検討」=鉄道の変動運賃—赤羽国交相

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題