エンゼルスの #大谷翔平 投手(26)が27日(日本時間28日)、敵地アスレチックス戦(同午前10時40分開始)の先発登板を回避し、「2番・DH」でスタメン出場することが決まった。

大谷、捕手スズキが球場に向かうバスに乗っていたが、サンフランシスコとオークランドを結ぶ「ベイブリッジ」で大規模な事故渋滞が起こった。2人は急きょBART(サンフランシスコ・ベイエリア高速鉄道公社)に飛び乗ったが、先発投手としての準備時間に1時間ほど遅れが生じたため、先発登板が28日(同29日)に後ろ倒しされることになったという。

このニュースにBARTの公式ツイッターも反応し「まず、大谷翔平のような野球界のスーパースターをBARTで迎えることができてとても光栄に思います。我々の方では何の問題もありませんでした。オペレーション・コントロール・センター(OCC)に確認したところ、ベイブリッジでの事故の際、球場行きの鉄道に遅延はありませんでした」などと異例のツイート。さらに、追加の投稿で「OCCに電話確認したBARTの従業員も大谷の投球を見に行くためにBARTに乗っていた。非常に残念だった。我々もこのニュースに心を痛めています」とつづった。

#先発 #延期 #声明 #サンフランシスコ


大谷 BART飛び乗るも先発登板延期 鉄道会社も異例の声明「このニュースに心を痛めている」

関連記事

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ

JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ