長野電鉄は27日、3500系N6編成が6月2日をもって引退することを記念し、「記念乗車券」「記念入場券」「記念フリー乗車券」の3種セットを6月2日から郵送販売にて販売開始すると発表した。5月28日消印分の現金書留から申込みを受け付ける。

長野電鉄3500系N6編成が6月2日をもって引退

3500系N6編成引退記念きっぷは、長野~湯田中間の大人片道乗車券(D型硬券、1,190円)、長野駅入場券(D型硬券、170円)、1日用フリー乗車券(105mm×148mm・現在発売の通常版のサイズ、2,070円)があり、2022年3月31日まで1回限り有効、発売数はそれぞれ限定500枚となっている。

長野駅運輸課が3種のセットのみ郵送にて販売し、運輸課で購入の場合、3種の製造番号が必ずそろうとのこと。製造番号が「No.1」のものは、通信販売にて消印日(5月28日以降)が最も早いものが対象となり、複数の申込者が同日にあった場合は抽選で決定される。

現金書留にて申込みを受け付け、商品名・注文数・住所・氏名・電話番号を記入した紙と、商品代金(1セット3,430円)・送料(一律180円)を同梱する必要がある。なお、記入用紙の書式は問わないが、長野電鉄で用意したフォーマット(PDF)を同社サイトからダウンロード可能。「スマートレター」にて商品・送付するため、返信用封筒は不要で、商品の発送は6月9日以降となる。

#記念きっぷ #鉄道車両の引退 #中小私鉄 #三セク #電車


長野電鉄3500系N6編成が引退、記念きっぷ発売 – 5/28から受付開始

関連記事

ICOCA利用でポイント還元 丹波市が鉄道利用増進図る 7月から

切ったら祟られる?巨大「ご神木」と共存する駅

「座席で通話」「隣席確保」も解禁、鉄道各社の新たなサービスとは

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始