南海電気鉄道は、2016年まで汐見橋駅に設置していた観光案内図を踏襲した新たな観光案内図を5月28日から掲出すると発表した。

汐見橋駅に掲出する新しい観光案内図
2016年まで掲出されていた観光案内図

汐見橋駅では地域活性化を目的とした取組みを進めており、2020年度には駅舎外壁に大規模なアート作品を描き、オンラインで完成披露イベントを実施している。今回、駅舎内にも象徴的な作品を掲げ、地域に愛される駅をめざそうとの思いから、新たな観光案内図の掲出を行うこととした。

新しい観光案内図は幅約3.6m×縦約1.6m。汐見橋駅の改札機上部壁面に掲出される。旧観光案内図のテイストを残しつつ、昔とは様変わりした各エリアの表現方法に工夫を加えながら現代風にアレンジした。全体として、「今も昔も変わらない南海沿線の温かさと温もりを表現した」という。

#駅 #南海電鉄


南海電鉄、汐見橋駅に新たな観光案内図を設置 – 現代風にアレンジ

関連記事

鉄道技術展2021 – JR西日本、GIS連携の電子線路平面図システムなど

【YouTube】新 鉄道ひとり旅〜山万ユーカリが丘線編ショート版〜

小田急電鉄「ミュージックロマンスカー」コーラスグループが歌唱

京成電鉄3600形の運転士席も! 電車モチーフのコワーキングスペース

鉄道技術展2021 – JR九州が単独ブース初出展、業務用アプリ等展示

鉄道技術展2021 – 日本信号「Traio 車上ユニット」DEC741形に搭載