南海電気鉄道は、2016年まで汐見橋駅に設置していた観光案内図を踏襲した新たな観光案内図を5月28日から掲出すると発表した。

汐見橋駅に掲出する新しい観光案内図
2016年まで掲出されていた観光案内図

汐見橋駅では地域活性化を目的とした取組みを進めており、2020年度には駅舎外壁に大規模なアート作品を描き、オンラインで完成披露イベントを実施している。今回、駅舎内にも象徴的な作品を掲げ、地域に愛される駅をめざそうとの思いから、新たな観光案内図の掲出を行うこととした。

新しい観光案内図は幅約3.6m×縦約1.6m。汐見橋駅の改札機上部壁面に掲出される。旧観光案内図のテイストを残しつつ、昔とは様変わりした各エリアの表現方法に工夫を加えながら現代風にアレンジした。全体として、「今も昔も変わらない南海沿線の温かさと温もりを表現した」という。

#駅 #南海電鉄


南海電鉄、汐見橋駅に新たな観光案内図を設置 – 現代風にアレンジ

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました