タカラトミーは7月中旬から、回転すし「スシロー」とのコラボによる鉄道玩具「プラレール」の新商品「極み!おとどけ!スシロー×プラレール」を発売する。価格は6,160円(税込み)。

「極み!おとどけ!スシロー×プラレール」は、「プラレール」を使用したおすしのお届け遊びを、誰でも簡単に楽しむことができるオールインワンセット。本物の食品を乗せて楽しむ商品は「プラレール」としては初となる。

今から62年前の1959年、ちゃぶ台の上で遊べるおもちゃとして誕生したプラレールが、現代でも家族や友人と食卓を囲む楽しい思い出となって欲しいとの想いを込め、企画された商品だ。

セットには、専用列車「すし特急おまち」のほか、お皿、お皿を載せる専用の貨車、オリジナルデザインのプラレールすし4種類が付属。おすし屋さんごっこが楽しめるほか、本物のおすしを乗せて走行させることもできる。

また、「スシロー」とコラボにより、ロゴ入りの看板(すしゲート)や、メニューが掲載されたボード(お客さん駅ボード)、“おてもと”や“わさび”などを模した紙小物を付属した。自宅にいながらスシロー気分を楽しめる。

#プラレール #スシロー #コラボ #タカラトミー


遂にスシローとコラボ、食品運ぶ「プラレール」実現

関連記事

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ

JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ