WILLER TRAINS、JR西日本、京都鉄道博物館は25日、KTR700形「丹後くろまつ号」とキハ47形「○○のはなし」を京都鉄道博物館で特別展示すると発表した。第三セクター鉄道事業者の北近畿タンゴ鉄道が所有する鉄道車両の展示は同館で初とのこと。

JR西日本の観光列車「○○のはなし」

「丹後くろまつ号」(KTR7000形1両)の展示期間は6月25~27日。天橋立に代表される日本海の白砂青松を象徴する「松」をテーマに、数々の列車デザインで知られる水戸岡鋭治氏がリニューアルを担当し、京都丹後鉄道でレストラン列車として活躍している。

「○○のはなし」(キハ47形2両編成)は、美しい絶景が続く山陰本線において、「見て、聞いて、感じてみたい萩(は)、長門(な)、下関(し)」があり、その「はなし」を辿る旅へと誘う観光列車。展示期間は6月25日から7月6日までとなっている。

両列車とも6月25日15時から、京都鉄道博物館への入線シーンが公開される予定。営業線を運転して搬入するため、輸送上の都合などにより、展示を中止する場合がある。なお、今回の展示では特別観覧エリアを設定。一般客が通常立ち入れないエリアで入線シーンを見られる特別観覧エリア入場券とグッズをセットにした「スペシャルチケット」を枚数限定で販売する。展示車両にちなんだ「グッズ付き入館券」も発売される。

缶バッジやクリアファイルが付属する「グッズ付き入館券A・B」は6月18日から7月31日まで、京都丹後鉄道使用済み硬券と整理ダイヤがセットになった「グッズ付き入館券C」は6月1日から7月31日まで、「グッズ付き入館券C」と「特別観覧エリア入場券」がセットになった「特別観覧エリア付きスペシャルチケット」は6月1日から6月25日まで、それぞれ全国のセブン-イレブン店頭のマルチコピー機で販売される。各券種とも売り切れ次第、販売終了となる。

#鉄道博物館 #気動車 #観光列車 #JR西日本 #鉄道イベント #中小私鉄 #三セク


京都鉄道博物館に「丹後くろまつ号」「○○のはなし」6/25から展示

関連記事

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ

JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ