京福電気鉄道はこのほど、帷子ノ辻駅のバリアフリー対応工事が竣工し、嵐電北野線の全10駅でバリアフリー対応が完了したと発表した。

ホーム整備が完了した帷子ノ辻駅
車両との段差を解消した

同社は撮影所前駅の新設によるJR嵯峨野線(山陰本線)太秦駅との乗継利便性の向上をはじめ、北野白梅町駅のリニューアルによる京都市バスとの結節機能の強化、各駅のバリアフリー対応など、嵐電北野線の交通ネットワーク強化と、より安心して利用できる駅施設づくりに取り組んできた。

帷子ノ辻駅では2011年、ホーム間移動の段差解消と乗継ぎの円滑化を図るため、構内踏切設備を整備。今回は車両との段差解消を図るためのホームかさ上げ、ホーム高さの変更に伴うスロープ延長、視覚障がい者誘導用ブロック敷設とホーム補修工事を行い、バリアフリー対応とした。今後は嵐山本線でも、バリアフリー非対応駅のバリアフリー化を順次進める予定としている。

#駅 #中小私鉄 #三セク #路面電車 #LRT


嵐電北野線全10駅がバリアフリー対応に – 帷子ノ辻駅の工事が竣工

関連記事

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ

JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ