丹後くろまつ号

WILLER TRAINS・JR西日本・京都鉄道博物館は、KTR700形気動車「丹後くろまつ号」(1両)とキハ47形気動車「〇〇のはなし」(2両)の特別展示を行うと発表した。

「丹後くろまつ号」は京都丹後鉄道でレストラン列車として活躍する観光列車。JR九州の「D&S列車」などをデザインした水戸岡鋭治氏がリニューアルを担当した。

京都丹後鉄道は北近畿タンゴ鉄道が鉄道施設を保有し、WILLER TRAINSが車両の運行や乗車券の販売等を担う。北近畿タンゴ鉄道の所有する鉄道車両を京都鉄道博物館で展示するのは今回が初めてという。

「〇〇のはなし」は2017年の「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」を機に導入されたJR西日本の観光列車。名称の「はなし」は山口県の「萩」「長門」「下関」の頭文字から。

同県には日本と西洋を引き合わせるきっかけとなった歴史が息づくことから、内装のコンセプトを「西洋にあこがれた日本(洋)、西洋が憧れる日本(和)」とし、2両別々のデザインとなっている。

展示場所は京都鉄道博物館 本館1F「車両のしくみ/車両工場」エリア。展示期間は「丹後くろまつ号」が2021年6月25日〜27日、「〇〇のはなし」が2021年6月25日〜7月6日となっている。6月25日15時からは京都鉄道博物館への入線シーンも公開予定。

※営業線を運転して搬入するため、輸送上の都合により展示を中止する場合がある。

また6月より京都丹後鉄道のオリジナル缶バッジや「〇〇のはなし」などのグッズがついたグッズ付き入館券などを販売する。詳細は京都鉄道博物館ホームページに掲載。

鉄道チャンネル編集部

#JR西日本 #京都鉄道博物館 #レストラン #観光列車


「丹後くろまつ号」「〇〇のはなし」京都鉄博で特別展示へ

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました