JR東日本とJR西日本は、北陸新幹線を活用した荷物輸送サービスを拡大し、市中の店舗などへ配送を開始すると発表した。

北陸新幹線での荷物輸送サービスがさらに拡大される

両社はこれまで、ジェイアール東日本物流と協働で、北陸新幹線で運んだ地域の食産品などを首都圏の駅ナカ店舗や駅構内の催事等で販売する取組みを行ってきた。今回は新たに、新幹線で東京駅まで運んだ鮮魚類をトラックなどに積み替え、首都圏の小売店舗に配送する取組みを始める。

今月は5月26~29日と5月31日の計5日間、金沢駅から東京駅まで鮮魚30箱を北陸新幹線で輸送。東京駅到着後、5月26・31日はイトーヨーカドーの都内一部店舗、5月27~29日は魚力の都内一部店舗へ届ける。荷物の輸送に用いる新幹線は5月29日のみ「はくたか560号」で、その他の日はすべて「かがやき508号」。イトーヨーカドー向けには、6月も月曜と金曜の週2回ずつ鮮魚を届ける予定となっている。

北陸から首都圏店舗への荷物輸送イメージ

両社は今後も北陸新幹線を用いた荷物輸送に取り組み、鮮魚類をはじめとする生鮮食品の定期輸送を推進していくほか、医療品や機械部品、新聞など速達性の求められる物品にも対象を拡大する考えだという。

#新幹線 #JR西日本 #JR東日本 #電車


北陸新幹線の荷物輸送サービスを拡大、市中の店舗などへ配送開始

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題