千葉県市原市の小湊鉄道が運行する、窓ガラスのないトロッコ列車が人気を集めている。乗客は心地よい風を感じながら列車の旅を楽しめるとして、梅雨の晴れ間に多くの家族連れが訪れた。
週末を中心に五井—養老渓谷間を走る「房総里山トロッコ」は、都心から約1時間の位置にある田園風景を手軽に楽しめる。列車が観光スポットに入ると、車内には観光アナウンスが響き、途中駅のホーム上では地元商店街がまんじゅうなどを販売する。終点の養老渓谷駅周辺では、ハイキングや温泉などを楽しめる。
23日に家族4人で列車を利用した同市の男性は、「ちょうど日曜日に晴れてくれた。開放的で、新型コロナウイルス対策も安心できる」と、笑顔を見せた。

#ガラス #千葉 #市原市 #観光


窓ガラスのないトロッコ列車が人気=千葉県市原市〔地域〕

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題