千葉県市原市の小湊鉄道が運行する、窓ガラスのないトロッコ列車が人気を集めている。乗客は心地よい風を感じながら列車の旅を楽しめるとして、梅雨の晴れ間に多くの家族連れが訪れた。
週末を中心に五井—養老渓谷間を走る「房総里山トロッコ」は、都心から約1時間の位置にある田園風景を手軽に楽しめる。列車が観光スポットに入ると、車内には観光アナウンスが響き、途中駅のホーム上では地元商店街がまんじゅうなどを販売する。終点の養老渓谷駅周辺では、ハイキングや温泉などを楽しめる。
23日に家族4人で列車を利用した同市の男性は、「ちょうど日曜日に晴れてくれた。開放的で、新型コロナウイルス対策も安心できる」と、笑顔を見せた。

#ガラス #千葉 #市原市 #観光


窓ガラスのないトロッコ列車が人気=千葉県市原市〔地域〕

関連記事

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介

レトロ気動車が続々集結 「気動車博物館」の様相の小湊鉄道&いすみ鉄道

JR西日本、きのくに線サイクルトレイン本実施へ – 利用時間も拡大

JR北海道「ラベンダー編成」の特急「北斗」12/4から世界遺産PR実施

「JR東日本駅たびコンシェルジュ」12/1開業イベントで列車から中継

東京モノレール「キキ&ララ モノレール」2編成目を公開