日本ベネックスは、創業以来の精密金属加工の技術を生かした電車のメタルクラフトブランド「板金鉄道」を立ち上げ、第1弾として「西武園ゆうえんち 路面電車メタルクラフトモデル」を「西武園ゆうえんち」リニューアルオープンと同時に園内で発売した。

「西武園ゆうえんち 路面電車メタルクラフトモデル」

「板金鉄道」は、創業から63年間、精密金属加工メーカーとして社会のインフラを支えるものづくりに従事してきた日本ベネックスが、「作ること、誰かと共有する喜び」を味わってもらいたいとの思いから生まれた電車のメタルクラフトブランド。厚さ0.5mmの薄いステンレスの板から部品を抜き、曲げ、接合して、実際の工場で行う金属加工と同じように組み立てていく。

最初のモデルは、5月19日にリニューアルオープンを迎えた「西武園ゆうえんち」に設置される路面電車。吊り革や座席シートなど細部にまでこだわり、完成を想像しながらつくることが楽しみになるような商品に仕上げたという。

「西武園ゆうえんち 路面電車メタルクラフトモデル」完成形
細部までこだわった作りに
治具を使って組み立てる

組立て完成サイズは縦203mm×横36mm×高63mm、制作の目安時間は30分程度(個人差がある)。価格は9,600円。「西武園ゆうえんち」のリニューアルオープンと同時に園内で発売したほか、ECサイトでも順次販売予定となっている。

#子鉄 #鉄道模型 #玩具 #西武鉄道 #電車 #路面電車 #LRT


「西武園ゆうえんち 路面電車メタルクラフトモデル」細部にこだわり

関連記事

黒塗りのDD200形が川崎重工業を出場、行き先はJR九州 熊本車両センター

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認