西武鉄道は6月5日に開催される「西武・電車フェスタ 2021 in 武蔵丘車両検修場」にて、「としまえん」(2020年8月閉園)のアトラクション「模型列車」が実際に走っていたレールをカットし、「としまえん 模型列車の記念レール」として発売する。

「としまえん」から「西武園ゆうえんち」に移され、「レッツゴー! レオランド」内を走る「レオとライヤの夕日列車」(C)TEZUKA PRODUCTIONS

「模型列車」は米国の開拓時代に走行していた機関車を模した乗り物で、「としまえん」のアトラクションの中でもファミリーに人気が高かった。

全長526mのコースを走る車両には、赤色の車体に青のペイントが特徴の「フラワープリンセス号」、黒とシルバーのシックなデザインが人気の「ウエスタンシルバー号」の2種類があり、約54年間活躍したという。このうち「ウエスタンシルバー号」は、5月19日にグランドオープンを迎えた「西武園ゆうえんち」の「レッツゴー! レオランド」内に場所を移し、装いを新たに「レオとライヤの夕日列車」として走り続けている。

模型列車の記念レール(イメージ)

「としまえん 模型列車の記念レール」は、1m分の重さ15kgのレールを約135gにカットした商品で、台紙が付属し、発売額は2,000円。6月5日に開催される「西武・電車フェスタ 2021 in 武蔵丘車両検修場」会場内で100個発売し、1人1点のみ購入できる。

#子鉄 #鉄道イベント #西武鉄道


「西武・電車フェスタ」で「としまえん」模型列車の記念レール発売

関連記事

「座席で通話」「隣席確保」も解禁、鉄道各社の新たなサービスとは

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど