日本人は昔から「鉄道路線図」になじみがあり、家に飾って楽しむ人がいるほか、ハンカチや手ぬぐいに印刷したものが市販されているほど、愛好家が多い。中には分かりやすい路線図を自分で作ってしまう人もいるものだ。中国メディアの観察者網は19日、日本発の「中国鉄道の都市間所要時間マップ」が中国人に大うけしている、と紹介する記事を掲載した。

この路線図は、中国の主要都市30あまりをピックアップしていて、都市間の移動時間が一目でわかるようになっている。高速鉄道と在来線を色分けしているが、ほとんどの都市が高速鉄道で結ばれていることが分かる。ダイアグラム式の鉄道路線図は中国ではあまり見かけないらしく、珍しがられて中国のネット上であっという間に広まったという。

記事は、中国では「意外と実用的」、「さすが鉄道文化の豊かなところだ」、「良いものなので保存しておこう」など、非常に好評だと伝えた。中国全土に高速鉄道網が張り巡らされているのが一目で分かるのも、中国人の優越感をくすぐっているようだ。

また、ほとんどが漢字なのに一部にカタカナが入っているのも、中国人には面白く感じたようだ。記事は、カタカナで書かれた「フフホト」の文字が中国人には「77朴」に見えて、「77朴ってどこだ?」とちょっとした騒ぎになったと伝えている。

この記事を読んだ読者からは、「日本人には情報を収集する天賦の才がある」と称賛するコメントや、「中国にはこういった距離感を無視した地図はない」と珍しがる人、さらには「中国の広さを、日本の鉄道愛好家は羨ましがっているのではないか」と嬉しそうな人など、様々な反応が寄せられていた。実用的なものを作るのが得意な日本人に感心しつつ、中国人の虚栄心もくすぐったことも、反響を呼んだ理由なのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

#路線図 #都市 #19


中国ネットで「大うけ」! 「日本発」の中国鉄道の所要時間マップ

関連記事

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ

JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ