【ニューヨーク時事】米鉄道大手カンザスシティー・サザン鉄道(KCサザン)は21日、カナダ同業のカナディアン・ナショナル鉄道に総額約300億ドル(約3兆3000億円)で身売りすると発表した。KCサザンは米中部からメキシコに至る路線を運営。同社買収により、ナショナルは米加、メキシコの3カ国にまたがる路線網を有する初の鉄道会社となる。
KCサザンをめぐっては、カナダ鉄道大手カナディアン・パシフィック鉄道が3月、250億ドルで買収することでいったんは合意した。その後、加最大手のナショナルがより魅力的な条件を提示し、買収合戦を制した。
〔写真説明〕カナディアン・ナショナル鉄道の貨物列車(同社提供・時事)

#メキシコ #カナダ #ニューヨーク #買収


米加メキシコで路線網=鉄道会社で初—カナディアン・ナショナル

関連記事

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介

レトロ気動車が続々集結 「気動車博物館」の様相の小湊鉄道&いすみ鉄道

JR西日本、きのくに線サイクルトレイン本実施へ – 利用時間も拡大

JR北海道「ラベンダー編成」の特急「北斗」12/4から世界遺産PR実施

「JR東日本駅たびコンシェルジュ」12/1開業イベントで列車から中継

東京モノレール「キキ&ララ モノレール」2編成目を公開