【ニューヨーク時事】米鉄道大手カンザスシティー・サザン鉄道(KCサザン)は21日、カナダ同業のカナディアン・ナショナル鉄道に総額約300億ドル(約3兆3000億円)で身売りすると発表した。KCサザンは米中部からメキシコに至る路線を運営。同社買収により、ナショナルは米加、メキシコの3カ国にまたがる路線網を有する初の鉄道会社となる。
KCサザンをめぐっては、カナダ鉄道大手カナディアン・パシフィック鉄道が3月、250億ドルで買収することでいったんは合意した。その後、加最大手のナショナルがより魅力的な条件を提示し、買収合戦を制した。
〔写真説明〕カナディアン・ナショナル鉄道の貨物列車(同社提供・時事)

#メキシコ #カナダ #ニューヨーク #買収


米加メキシコで路線網=鉄道会社で初—カナディアン・ナショナル

関連記事

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置

「多額の現金をお持ちのお客様、伝言がございます」北品川駅の張り紙「文面が天才」と話題