JR西日本は21日、定員制の有料座席サービスである新快速「Aシート」について、夏の期間も引き続き、一部座席を指定席としての営業を継続すると発表した。より多くの乗客に予約してもらえるように、指定席の座席数をこれまでの12席から20席に増加する。

新快速「Aシート」は今夏、指定席の座席数を20席に増やして営業する

今夏の指定席を設置する期間は7月1日から9月30日まで。平日・土休日に上下各2本運転される新快速「Aシート」営業列車(下り新快速1号・新快速3号、上り新快速2号・新快速4号)が対象となる。

指定席となる座席は対象列車の9号車1~5番の各A~D席(全20席)。「みどりの券売機」などで購入する場合、指定席券の料金は840円。JR西日本ネット予約「e5489」では、下り新快速1号、上り新快速2・4号が600円、下り新快速3号が450円となる専用のお得なチケットレス商品を発売する。指定席券の発売は運転日の1カ月前の10時からとなる。

新快速「Aシート」車両の外観(報道公開にて撮影)
新快速「Aシート」の車内(報道公開にて撮影)

事前予約不要で利用できる定員制の座席も引き続き設置する。定員制の座席を利用する際には、車内で乗車整理券(500円)を購入する必要がある。

#新快速(JR西日本) #JR西日本 #電車


JR西日本、今夏も新快速「Aシート」指定席の営業継続 – 20席に増加

関連記事

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど

JR東日本、川越線笠幡駅に臨時改札口を開設 – 列車停止位置も変更