JR西日本は21日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、2020年春季から運転を休止している「SL北びわこ号」について、感染拡大防止対策を十分に行う見込みが立たないことから、今後の運行を終了すると発表した。

北陸本線で運行された「SL北びわこ号」(2018年5月撮影)
「SL北びわこ号」に使用された12系客車(2018年5月撮影)

「SL北びわこ号」は1995(平成7)年、湖北地域の観光振興を目的に、北陸本線米原~木ノ本間で運行開始した。2020年春季から運転休止となっているが、「SL北びわこ号」で使用する車両は煤煙の影響の少ない換気が困難であるため、感染拡大防止対策を十分に行う見込みが立たないという。部品の入手や保守にも苦慮していることから、今後の運行を終了することとなった。

なお、「SL北びわこ号」の営業運転は終了するが、蒸気機関車が検査後に本線試運転を行う場合など、これまで同様に北陸本線を走行する予定とのこと。

#JR西日本 #観光列車 #客車 #蒸気機関車


JR西日本「SL北びわこ号」運行を終了 – 感染症対策の見込み立たず

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用