JR東日本は21日、夏の期間(2021年7~9月)に運転する臨時列車について発表した。今年3月に定期運行を終了した特急形電車185系を使用する臨時列車として、7月3・4日に上野~土合間で快速「谷川岳山開き」が運転される。

特急形電車185系。7月に臨時列車の快速「谷川岳山開き」が運転される

快速「谷川岳山開き」は上下各1本を設定。下り列車は7月3日に上野駅23時36分発・土合駅3時10分着、上り列車は7月4日に土合駅14時30分発・上野駅17時16分着で運転予定となっている。6両編成の185系を使用し、全車指定席。通常通り指定席券を発売する予定だが、新型コロナウイルス感染症の影響等により、運休する場合があるとのこと。

#鉄道車両の引退 #夜行列車 #寝台特急 #JR東日本 #電車


JR東日本185系、快速「谷川岳山開き」上野~土合間で7月に運転予定

関連記事

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ

JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ