愛媛県鬼北町とJR四国は、鬼をテーマにしたラッピング列車を予讃線・予土線で運行すると発表した。鬼北町は全国で唯一という「鬼」の文字が入る自治体であることを生かし、「鬼のまちづくり」を推進している。今回は町と愛媛県南予地域の魅力発信と鉄道の利用促進を図ることを目的に、ラッピング列車を運行する。

JR四国が公表したラッピング車両「鬼列車」デザインイメージ

ラッピング列車は「鬼のまちづくり」のシンボルキャラクター「鬼王丸」のモチーフをキハ32形1両に描いたデザイン。7月4日から約2年間、予讃線(松山~宇和島間)・予土線(宇和島~窪川間)を運行する。

車内では、ARアプリを活用した予土線限定の車内体験サービスを提供する予定。アプリを起動して窓から外に向けると、鬼王丸がその場所にちなんだ解説を行うほか、専用のQRコードを読み込むことで、ARの鬼王丸車掌と記念撮影もできる。

#観光列車 #JR四国 #気動車


JR四国キハ32形「鬼」描いたラッピング車両、予讃線・予土線で運行

関連記事

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信

伊豆箱根鉄道、富士山三島東急ホテル開業1周年でコラボ記念乗車券

速くて便利な「高速鉄道」が誕生し、普及してきた経緯=中国

黒塗りのDD200形が川崎重工業を出場、行き先はJR九州 熊本車両センター

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!