愛媛県鬼北町とJR四国は、鬼をテーマにしたラッピング列車を予讃線・予土線で運行すると発表した。鬼北町は全国で唯一という「鬼」の文字が入る自治体であることを生かし、「鬼のまちづくり」を推進している。今回は町と愛媛県南予地域の魅力発信と鉄道の利用促進を図ることを目的に、ラッピング列車を運行する。

JR四国が公表したラッピング車両「鬼列車」デザインイメージ

ラッピング列車は「鬼のまちづくり」のシンボルキャラクター「鬼王丸」のモチーフをキハ32形1両に描いたデザイン。7月4日から約2年間、予讃線(松山~宇和島間)・予土線(宇和島~窪川間)を運行する。

車内では、ARアプリを活用した予土線限定の車内体験サービスを提供する予定。アプリを起動して窓から外に向けると、鬼王丸がその場所にちなんだ解説を行うほか、専用のQRコードを読み込むことで、ARの鬼王丸車掌と記念撮影もできる。

#観光列車 #JR四国 #気動車


JR四国キハ32形「鬼」描いたラッピング車両、予讃線・予土線で運行

関連記事

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ

JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ