JR西日本岡山支社は20日、岡山デスティネーションキャンペーン(2022年夏開催)を契機に導入する新たな観光列車のネーミング(列車名)を募集すると発表した。キハ40形1両を使用し、5月22日から6月20日まで列車コンセプト「岡山県北エリアをめぐる、美しきを作る旅」に沿った名称を募集する。

現行のキハ40形

新たな観光列車は2022年7月に導入予定。岡山県北エリアへ向け、津山線(岡山~津山間)など運行する予定。観光列車のほか定期列車としても運行される。観光列車は淡いピンク色(1色塗装)の外装で、食事可能なテーブルとゆったりとした配席、地元の食材を生かした列車オリジナルお弁当などを提供し、車内アテンダントによる観光案内も実施する。地元関係団体と連携し、津山駅を拠点に岡山県北エリアを満喫できるような周遊アクセスを同時に整備予定とのこと。

観光列車の導入にともない、列車コンセプト「岡山県北エリアをめぐる、美しきを作る旅」に沿ったネーミング(列車名)を募集。JR西日本岡山支社公式ツイッターのダイレクトメッセージか、はがきによる郵送で応募を受け付ける。なお、採用者の中から抽選で1名を出発式に招待する。

#観光列車 #気動車 #車両新造 #改造 #JR西日本


JR西日本、キハ40形を使用した新たな観光列車を導入 – 名称を募集

関連記事

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介

レトロ気動車が続々集結 「気動車博物館」の様相の小湊鉄道&いすみ鉄道

JR西日本、きのくに線サイクルトレイン本実施へ – 利用時間も拡大

JR北海道「ラベンダー編成」の特急「北斗」12/4から世界遺産PR実施

「JR東日本駅たびコンシェルジュ」12/1開業イベントで列車から中継

東京モノレール「キキ&ララ モノレール」2編成目を公開