2021年5月19日、中国メディアの観察者網は、日本で作られた「中国鉄道所要時間マップ」が中国のネット上で注目を集めたと報じた。

記事は、この2日間で中国のネット上では日本からやってきた「中国高速鉄道所要時間マップ」が注目を集めていると紹介。このマップはシンプルな構成になっていて、中国の主要な都市が行列状に並んでおり、中国が建設を進めてきた高速鉄道の「八縦八横」ネットワークがひと目で分かるようになっているほか、2地点間の所要時間も明記されていると伝えた。

そして、このマップ1枚で「中国の高速鉄道がすでに10万キロあまりの密な鉄道網を構築していることがわかるだけでなく、所要時間の数字を見て高速鉄道のスピーディーさが直感的に知ることができる」と評している。

その上で、中国のネットユーザーからは「シンプルだが思った以上に実用的」「さすがは豊かな鉄道文化を持つ国。シンプルでわかりやすい」「これはいい地図だ。保存しよう」など、称賛する声が寄せられたと伝えた。

記事は、「中国高速鉄道所要時間マップ」を作成したのが在日中国人ら2人からなる「中国鉄道研究会」であると紹介。2人は東京大学工学部在学中に知り合い、2014年夏から毎年2回のペースで「中国鉄道時刻表」を作成、発表してきたと伝えている。(翻訳・編集/川尻)

#中国 #高速鉄道 #中国高速鉄道 #都市


日本で作られた「中国高速鉄道所要時間マップ」が中国ネットで人気に—中国メディア

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました