西武鉄道と西武園ゆうえんち、刀が協業し、取り組んできた新しい「西武園ゆうえんち」が5月19日、グランドオープンを迎えた。

エントランス前で行われたオープニングセレモニーの様子

9時のオープンに先立ち、巡査・魚屋・八百屋など商店街の住人に扮した同園のエンターテイナーとスタッフがエントランスでカウントダウンを開始。オープンの瞬間には華やかな花火が空を彩り、来園者はグランドオープン記念の旗を振りながら、「新しいのに懐かしい非日常の世界」へ入場したという。

新しい「西武園ゆうえんち」は、1960年代をイメージした世界観で園内を統一。来園者がゲートをくぐり、園内に一歩足を踏み入れると、活気あふれる店が30店舗並ぶ「夕日の丘商店街」と商店街の「住人」たちが出迎える。

元長崎電気軌道1050形の路面電車が出迎えるエントランス
回転空中ブランコなどのアトランションも
ゴジラをテーマにしたライドアトラクションが楽しめる「夕陽館」

西武ホールディングス代表取締役社長の後藤高志氏は、新しい「西武園ゆうえんち」のグランドオープンに合わせ、「長引く新型コロナウイルス感染症の影響により、人々がこれまで以上に、対面でのコミュニケーションの良さを再認識し、心の触れ合いを強く求めるようになりました。西武園ゆうえんちでの体験を通じて、多くの方に心あたたまる幸福感を感じていただきたい」とコメントを発表している。

#子鉄 #西武鉄道 #電車 #路面電車 #LRT


新しい「西武園ゆうえんち」グランドオープン、1960年代の世界観に

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用