西武鉄道と西武園ゆうえんち、刀が協業し、取り組んできた新しい「西武園ゆうえんち」が5月19日、グランドオープンを迎えた。

エントランス前で行われたオープニングセレモニーの様子

9時のオープンに先立ち、巡査・魚屋・八百屋など商店街の住人に扮した同園のエンターテイナーとスタッフがエントランスでカウントダウンを開始。オープンの瞬間には華やかな花火が空を彩り、来園者はグランドオープン記念の旗を振りながら、「新しいのに懐かしい非日常の世界」へ入場したという。

新しい「西武園ゆうえんち」は、1960年代をイメージした世界観で園内を統一。来園者がゲートをくぐり、園内に一歩足を踏み入れると、活気あふれる店が30店舗並ぶ「夕日の丘商店街」と商店街の「住人」たちが出迎える。

元長崎電気軌道1050形の路面電車が出迎えるエントランス
回転空中ブランコなどのアトランションも
ゴジラをテーマにしたライドアトラクションが楽しめる「夕陽館」

西武ホールディングス代表取締役社長の後藤高志氏は、新しい「西武園ゆうえんち」のグランドオープンに合わせ、「長引く新型コロナウイルス感染症の影響により、人々がこれまで以上に、対面でのコミュニケーションの良さを再認識し、心の触れ合いを強く求めるようになりました。西武園ゆうえんちでの体験を通じて、多くの方に心あたたまる幸福感を感じていただきたい」とコメントを発表している。

#子鉄 #西武鉄道 #電車 #路面電車 #LRT


新しい「西武園ゆうえんち」グランドオープン、1960年代の世界観に

関連記事

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ

JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ