仙台市交通局は18日、地下鉄南北線の新型車両3000系のデザインが決定したと発表した。今年3月に市民の投票を受け付け、約1万3,000票のうち約半数から支持を集めたデザインテーマ「南北線車両からの進化」に決定したとのこと。

仙台市地下鉄南北線に導入される新型車両3000系のデザインが決定(デザインイメージCGのため、実車とは多少異なる)

新型車両3000系は、車両の先頭形状をくの字型とし、従来の南北線車両1000N系のスタイルを継承したデザインに。ライトは前面ラインと一体化させ、進化したイメージを創出している。

車両デザインに関して、A案「南北線車両からの進化」、B案「シンプルで優しい」、C案「懐かしくて新しい」という3つのデザインテーマの中から投票によって決定。3月9~29日に投票が行われ、交通局の専用ウェブページ、地下鉄の駅に設置した投票箱に加え、地下鉄南北線沿線に所在する6つの小学校の6年生も投票した。総数1万2,980票のうち、A案は約半数にあたる6,251票(48%)を獲得。次いでC案の4,618票(36%)、B案の2,111票(16%)という結果になった。

新型車両3000系は「南北線車両からの進化」がデザインテーマに(デザインイメージCGのため、実車とは多少異なる)

今後のスケジュールとしては、車両の詳細設計、工場製作、試運転を経て、2024年度から運行開始を予定している。

#新型車両 #車両新造 #改造 #地下鉄


仙台市地下鉄南北線の新型車両3000系、デザイン発表 – 投票で決定

関連記事

【遠州鉄道】地上14階建て、総戸数39戸の新築分譲マンション「ブライトタウン浜松ザ・フロント」7/3よりプロジェクト発表会開催決定。来場予約受付開始。

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は