電車のメタルクラフトブランド『板金鉄道』を立ち上げ、モノづくりの楽しさを提案

株式会社日本ベネックス(本社:長崎県諫早市、代表取締役社長:小林洋平、以下:日本ベネックス)はこの度、創業以来の精密金属加工の技術を生かした電車のメタルクラフトブランド『板金鉄道』を立ち上げました。第一弾として5月19日の西武園ゆうえんちリニューアルオープンを記念した『西武園ゆうえんち 路面電車メタルクラフトモデル』を発売いたします。

● コンセプトは “つくるをたのしむ”

毎日の暮らしを楽しむ上で、欲しいものを買うだけでは満たされない余白を埋めてくれるのは、きっと自分の手を使ってつくること。創業から63年間、精密金属加工メーカーとして、社会のインフラを支えるモノづくりに従事してきた私たちは、そう考えました。作ること、誰かと共有する喜びを味わっていただきたいという思いから『板金鉄道』は生まれました。薄いステンレスの板(厚さ 0.5mm)から部品を抜き、曲げ、接合して、実際の工場で行う金属加工と同じように、組み立てていきます。

● 『西武園ゆうえんち 路面電車メタルクラフトモデル』

最初のモデルは、5月19日リニューアルオープンの西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市)に設置される、路面電車です。つり革や座席シートなど細部にまでこだわり、完成を想像しながらつくるのが楽しみになるような商品に仕上げています。リニューアルオープンと同時に園内にて発売開始。

● 商品概要

商品名 :西武園ゆうえんち 路面電車メタルクラフトモデル
商品価格 :9,600円 税込 (西武園通貨 8百園)
対象年齢 :15歳以上
組み立て完成サイズ:縦203×横36×高63mm
制作の目安時間 :30分程度(個人差があります)
素材 :ステンレス板 厚さ0.5mm(専用治具 厚さ1.5mm)
原産国 :日本
※株式会社西武園ゆうえんち 商品化承諾済み

2021年5月19日(水)より西武園ゆうえんち園内にて発売開始
※ ECサイトにて順次販売予定

西武園ゆうえんち
https://www.seibu-leisure.co.jp/amusementpark/index.html

『板金鉄道』は、「つくるをたのしむ」時間をご提案しながら、今後も魅力的な電車をモデルとして展開してまいります。

<株式会社日本ベネックスについて>
創業以来、63年の精密板金加工業の実績をベースに、培った技術を生かして2012年より再生可能エネルギー事業を展開。「限りなく変化する社会のニーズに応えて、常に技術の革新に努め、新しい価値を創造する」ことを企業理念の一つとして掲げ、新たな価値の探求とその事業化による付加価値の提供を使命として、事業を展開している。

URL :https://www.japan-benex.co.jp/
本社 :長崎県諫早市津久葉町99番地48
代表者 :代表取締役社長 小林洋平
設立 :1957年
従業員数:198名(グループ会社含む)
事業内容:
・受託製造(精密板金加工)
・環境エネルギー事業(太陽光発電所および関連する自社製品の開発)

#電車 #西武園ゆうえんち #路面電車 #発売


5月19日より『西武園ゆうえんち 路面電車メタルクラフトモデル』を発売

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました