JR新居浜、伊予西条両駅の開業100周年を記念し、JR四国は6月19、20両日、初代新幹線「0系」を模したデザインの観光列車「鉄道ホビートレイン」を両駅間で走らせる特別運行ツアーを実施する。17日に参加者募集を始めた。

1921年(大正10年)6月21日に両駅の開業を含め、予讃線の伊予土居—伊予西条駅間が開通した。今回のイベントは「新幹線の生みの親」と呼ばれた第4代国鉄総裁の十河信二氏(1884〜1981年)が新居浜市出身で西条市長を務めたことにちなみ、初代新幹線をイメージした観光列車の運行ツアーを開催することになった。

鉄道ホビートレインは、0系の特徴的な先頭部分が丸く突き出た「団子鼻」を再現し、0系で実際に使われた座席を使用。愛媛、高知両県を結ぶ予土線で運行され、人気を集める。

ツアーは両日、新居浜—伊予西条駅間の片道で鉄道ホビートレインに乗車し、特急自由席で出発駅に戻る。日帰り計12コースで定員は各30人。大人3500円、子ども3000円。

JR四国のワープ支店などで販売している。

#開業 #19


「団子鼻」初代新幹線を再現、鉄道ホビートレインを特別運行

関連記事

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ

JR九州「ふたつ星4047」デザイン公開 – 「はやとの風」運転終了へ