アメリカ、ノースカロライナ州ダーラムには「缶切り橋」の異名をもつ鉄道橋がある。アメリカの一般的なトラック(12フィート:約3.65m)が通るには少々低いため、屋根の部分が橋に当たってしまい、ガシガシと削られてしまうからだ。
これまで、11.8フィート(約3.556m)の高さだったのだが、あまりにも缶切りが過ぎる為、2019年10月より橋の高さを12.4フィート(3.78m)に引き上げた。
これでもう大丈夫になった、かと思いきやギリギリアウトなトラックも存在するようで、最近撮影された映像には、屋根部分が見事なまでに薄くスライスされたトラックの姿が映し出している。一枚剥けた感がすごいんだ。

Perfect peel at the 11foot8+8 bridge
・気持ちいいくらいのスライスっぷり
今年5月11日、宅配トラックがこの鉄道橋を通ろうとしたときのことだ。橋の高さもアップしたことだし、運転手はギリギリセーフと思ったのだろう。

だが実際は、ギリギリアウトだった。

屋根部分が本当に薄く綺麗にスライスされてしまったのだ。

横からの角度で見てみよう。

惜しい!あと数センチくらい?

100年以上前にできたこの鉄道橋は、これまで多くのトラックを犠牲にしてきた。その為付近には「頭上注意(Low clearance)」標識が設置されているし、高すぎる車両が通過しようとすると点滅灯が点滅する。だがギリギリとなると判定が難しいようだ。
缶切り橋のトラップにハマるトラックの姿は、Youtubeチャンネル「yovo68」で公開されているので、ヒヤヒヤドキドキ感と、ギリギリアウト感を楽しみたい人は要チェックなのだ。

#トラック #アメリカ #ノースカロライナ #2019年


屋根が見事に薄くスライスされたよ!「缶切り橋」で削られた宅配トラック

関連記事

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

南海電鉄、特急停車駅の券売機でも特急券など購入可能に – 7/3から

伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど

JR東日本、川越線笠幡駅に臨時改札口を開設 – 列車停止位置も変更