NHK総合にて、毎週金曜日の夜に放送される「ドキュメント72時間」。5月21日はのと鉄道の能登鹿島駅を舞台とした「能登半島 桜咲く無人駅で」を放送する。

夜桜のライトアップが行われる能登鹿島駅に停車中の列車

「ドキュメント72時間」は、毎回ひとつの現場にカメラを据え、そこで起きるさまざまな人間模様を72時間にわたり定点観測するドキュメンタリー番組。今回の舞台となる能登鹿島駅はローカル線の無人駅だが、桜の季節になると多くの人がやって来る。

能登鹿島駅の駅愛称名は「能登さくら駅」。春になると、ホーム沿いに植えられた100本近い桜が満開を迎え、ホームや線路上を覆う「桜のトンネル」が全国的に有名だという。4月上旬に駅前で「さくら祭り」が行われるほか、夜桜のライトアップも行われる。

番組では3日間の定点観測を通じ、「桜と海と列車がそろう絶景を楽しみにやっくる親子」「夜桜を見て、高校時代の恩師を思い出す男性」など紹介。地域が衰退する中でも、地元の人々が守り続けてきた桜に、訪れる人々は何を感じるのか、耳を傾ける。「ドキュメント72時間『能登半島 桜咲く無人駅で』」はNHK総合1にて、5月21日の22時45分から23時15分まで放送予定となっている。




桜の名所として知られる能登鹿島駅。ホーム沿いに植えられた桜が満開を迎えると、多くの人でにぎわう

#駅 #中小私鉄 #三セク #鉄道番組 #作品


NHK「ドキュメント72時間」5/21はのと鉄道「桜咲く無人駅」が舞台

関連記事

【遠州鉄道】地上14階建て、総戸数39戸の新築分譲マンション「ブライトタウン浜松ザ・フロント」7/3よりプロジェクト発表会開催決定。来場予約受付開始。

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は