わずか9年間運行されただけで廃止された通称「大仏鉄道」の廃線跡がひそかに人気を集めている。このうち、旧大仏駅跡に設けられた奈良市の大仏鉄道記念公園には、動輪のモニュメントが置かれ、地域の憩いの場にもなっている。
大仏鉄道は、東大寺大仏殿への観光客輸送などを目的に、関西鉄道大仏線として1898年に運行開始。加茂駅(京都府木津川市)と奈良駅(奈良市)を結んだが、勾配が急な区間があり、違うルートの鉄道網も整備されたため、1907年に廃止された。橋脚跡などに案内板が設置され、訪れる人も増えているという。
記念公園の近くに住む男性は「廃止はしかたなかったと思うが、ここに鉄道があった歴史は多くの人に知ってほしい」と話していた。

#奈良市 #廃線 #大仏 #公園


運行わずか9年の廃線跡が人気=奈良市など〔地域〕

関連記事

鉄道会社が走らせるのは電車だけじゃない!? 小型カート、電動キックボード、ヘリコプター いろいろあります各社のモビリティ【コラム】

【東武鉄道】2021年11月28日(日)、SL大樹「2022年 謹賀新年ヘッドマーク」を先行掲出して運行します!

鉄道技術展2021 – 総合車両製作所「New sustina basic」映像で紹介

JR東海など「座席濡れ検知装置」開発、東海道新幹線で12月使用開始

東京都交通局、都営新宿線に新造車両 – 2022年度末に10両化完了へ

JR九州、日南線は12/11始発から全線運転再開「海幸山幸」も再開へ