わずか9年間運行されただけで廃止された通称「大仏鉄道」の廃線跡がひそかに人気を集めている。このうち、旧大仏駅跡に設けられた奈良市の大仏鉄道記念公園には、動輪のモニュメントが置かれ、地域の憩いの場にもなっている。
大仏鉄道は、東大寺大仏殿への観光客輸送などを目的に、関西鉄道大仏線として1898年に運行開始。加茂駅(京都府木津川市)と奈良駅(奈良市)を結んだが、勾配が急な区間があり、違うルートの鉄道網も整備されたため、1907年に廃止された。橋脚跡などに案内板が設置され、訪れる人も増えているという。
記念公園の近くに住む男性は「廃止はしかたなかったと思うが、ここに鉄道があった歴史は多くの人に知ってほしい」と話していた。

#奈良市 #廃線 #大仏 #公園


運行わずか9年の廃線跡が人気=奈良市など〔地域〕

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用