西東京バスは6月1日、八王子・日野~新宿駅西口間を結ぶ高速バス「通勤ライナー」の運行を開始する。高速バスタイプの車両で運行し、座席は42席。トイレと車内Wi-Fiを備える。座席定員制で必ず着席でき、「一定以上の混雑が発生しないため人との接触が抑えられる」と同社はPRする。

「通勤ライナー」運行経路

新型コロナウイルス感染症の感染予防対策として、外気を常時導入することにより、車内の空気を約5分で入れ替えるほか、乗車時に手指消毒スプレーを使用。乗車前には、乗客が触れる部分を中心に消毒作業を行い、座席や手すり用の手拭き用メディカルシートを車内に用意する。

上り便(新宿駅行)は1便運行され、八王子市内の横川バス停を4時39分に発車し、北八王子駅入口・日野駅などを経て新宿駅西口(26番)に6時48分に到着。下り便(新宿駅発)は2便運行され、1便目は新宿駅西口(26番)17時30分発・北八王子駅入口19時25分着、2便目は新宿駅西口(26番)21時35分発・高尾駅南口23時37分着となる。

「通勤ライナー」時刻表
「通勤ライナー」車両イメージと新型コロナウイルス感染防止対策

交通系ICカード払いの運賃は1,000円、現金払いの運賃は1,100円。朝の上り便はウェブ予約が可能で、クレジットカード払い(1,000円)もできる。運行は月~金曜の平日のみ。土休日と8月13~16日、年末年始は運休となる。

#バス #BRT


西東京バス、八王子・日野~新宿駅西口間で「通勤ライナー」運行へ

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました