東京メトロは、千代田線北綾瀬駅の太陽光発電システムを増設し、5月16日から稼働すると発表した。同社はこれまで、東西線・丸ノ内線など計11駅に太陽光発電システムを設置しており、北綾瀬駅でも2008年9月より太陽光発電を実施している。

北綾瀬駅のホーム屋根上に設置した太陽光発電システム
太陽光発電システムを導入している東京メトロの駅一覧

今回、北綾瀬駅ホームの屋根上に最大出力12kWの太陽光発電システムを増設し、既設分と合わせて最大出力32kWの発電能力を持たせるという。

北綾瀬駅に設置した既存の太陽光発電システムは、ホームの延伸工事に伴い稼働を停止していたが、増設分と合わせて5月16日に再稼働する。既設分・増設分合わせて年間13.6トンのCO2排出削減効果を見込んでいる。太陽光発電システムを設置している11駅のCO2排出量削減効果は年間約584.8トンになるという。

#駅 #東京メトロ


東京メトロ千代田線北綾瀬駅の太陽光発電システムを増設、5/16稼働

関連記事

黒塗りのDD200形が川崎重工業を出場、行き先はJR九州 熊本車両センター

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認