神戸電鉄と神戸市は、駅舎と駅周辺の遊休地を活用し、地域のにぎわい創出につながる事業を行う法人・個人を募る「 #駅活チャレンジャー」募集を始めると発表した。

2021年度末供用開始予定の有馬線花山駅新駅舎周辺イメージ

#駅活チャレンジャー」募集は、神戸電鉄と神戸市が取り組む参加型まちづくり「 #駅活 ~Challenge~」(えきかつチャレンジ)の一環として行う。応募者とともに駅周辺に新たな価値やにぎわいを創出し、身近な駅を日常の通過点から「ここへ訪れたいと思える目的地」へと変化させることをめざす。

対象となる駅は、有馬線・三田線・粟生線の計20駅。神戸電鉄の駅と駅周辺の未活用地などを活用し、地域のにぎわい創出や駅の地域拠点化につながる事業を一定期間継続して行う意思や能力がある法人または個人を募集する。神鉄沿線モヨウガエ公式サイトに、公募の詳細な情報や募集要項、対象駅の基礎データ資料、専用応募フォームへのリンクなどを掲載している。

#神戸電鉄 #駅


神戸電鉄、駅舎と駅周辺のにぎわい創出事業を行う法人・個人を募集

関連記事

ICOCA利用でポイント還元 丹波市が鉄道利用増進図る 7月から

切ったら祟られる?巨大「ご神木」と共存する駅

「座席で通話」「隣席確保」も解禁、鉄道各社の新たなサービスとは

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始