JR東日本は、キャッシュレス決済のリテラシー向上を目的とした中学生向け教育プログラムを今夏から来年3月にかけて首都圏で実施すると発表した。

キャッシュレス化を推進するJR東日本と6社が共同で教育プログラムを実施する

社会のデジタル化や新型コロナウイルス感染症対策を背景に、社会に急速に浸透しているキャッシュレス決済。今年度から全面実施される中学校新学習指導要領でも、多様化した購入方法・支払い方法の特徴を理解することが求められている。

こうした社会情勢を受け、非接触ICカード技術「FeliCa」を提供するソニーと、同技術を使った電子マネーサービスを運営するイオン、NTTドコモ、ジェーシービー、セブン・カードサービス、楽天Edyの6社とJR東日本が共同で教育プログラムを実施することになった。中学生を対象に、「FeliCa」カードのしくみや通信方法、さまざまな決済方法の支払時期や特徴、キャッシュレスの利便性と注意点などをレクチャーする。首都圏1都7県の中学校から希望校を募集し、計12校で実施する予定。6月から応募受付を開始する。

#JR東日本


JR東日本、中学生向け「キャッシュレス決済」教育プログラム実施へ

関連記事

ICOCA利用でポイント還元 丹波市が鉄道利用増進図る 7月から

切ったら祟られる?巨大「ご神木」と共存する駅

「座席で通話」「隣席確保」も解禁、鉄道各社の新たなサービスとは

実は結構いる、きっぷの買い方が分からない人へ! 今さら聞けない「きっぷの買い方」超入門

JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始