滋賀県信楽町(現甲賀市)で1991年5月、信楽高原鉄道(SKR)とJR西日本の列車が正面衝突し、42人が死亡した事故は、14日で発生から30年となった。現場近くの慰霊碑前では同日午前、追悼法要が行われた。
法要には遺族のほか、SKRの正木仙治郎社長、JR西の長谷川一明社長らが参列した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、昨年と同様に参列者を限定し、時間も短縮。両社長による追悼の言葉は、読み上げず慰霊碑の前に供えた。
正木社長は「安全最優先の運行方針の下、地域に貢献できるよう努力を重ねる」と強調。長谷川社長は「安心、信頼して利用される鉄道を築き上げる」と誓った。
〔写真説明〕信楽高原鉄道事故から30年となり、現場近くの慰霊碑前で行われた追悼法要=14日午前、滋賀県甲賀市(代表撮影)

#追悼 #事故 #犠牲者 #法要


犠牲者42人を追悼=信楽鉄道事故30年—滋賀

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用