滋賀県甲賀市(旧信楽町)で1991年、信楽高原鉄道(SKR)とJR西日本の列車が正面衝突して42人が死亡、600人以上が負傷した事故から14日で30年となり、同市信楽町黄瀬(きのせ)の事故現場で追悼法要が営まれた。新型コロナウイルス対策のため2年連続で規模を縮小し、遺族ら7人が参列した。

SKRの正木仙治郎社長や、JR西の長谷川一明社長らが慰霊碑に向かって黙とうし、献花した。時間を短縮するため、両社長は追悼文を読み上げず、慰霊碑に供えた。【村瀬優子】

#事故 #遺族 #法要 #対策


信楽高原鉄道事故30年 遺族ら参列し法要 コロナ対策で縮小

関連記事

鉄道技術展2021 – JR西日本、GIS連携の電子線路平面図システムなど

【YouTube】新 鉄道ひとり旅〜山万ユーカリが丘線編ショート版〜

小田急電鉄「ミュージックロマンスカー」コーラスグループが歌唱

京成電鉄3600形の運転士席も! 電車モチーフのコワーキングスペース

鉄道技術展2021 – JR九州が単独ブース初出展、業務用アプリ等展示

鉄道技術展2021 – 日本信号「Traio 車上ユニット」DEC741形に搭載