滋賀県甲賀市(旧信楽町)で1991年、信楽高原鉄道(SKR)とJR西日本の列車が正面衝突して42人が死亡、600人以上が負傷した事故から14日で30年となり、同市信楽町黄瀬(きのせ)の事故現場で追悼法要が営まれた。新型コロナウイルス対策のため2年連続で規模を縮小し、遺族ら7人が参列した。

SKRの正木仙治郎社長や、JR西の長谷川一明社長らが慰霊碑に向かって黙とうし、献花した。時間を短縮するため、両社長は追悼文を読み上げず、慰霊碑に供えた。【村瀬優子】

#事故 #遺族 #法要 #対策


信楽高原鉄道事故30年 遺族ら参列し法要 コロナ対策で縮小

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました