西武鉄道の2021年度鉄道事業設備投資計画が発表された。総額は214億円で、安全対策やサービス向上、環境対策に力を入れる。

車両周りでは、40000系車両をロングシート仕様で3編成30両増備する。省エネルギー化・低騒音化も図った車両であることから、環境対策にもつながる見込み。また増備する40000系車両へはLED照明を導入する。

駅空間の快適性向上として、既存駅のリニューアルや改修計画も掲げられている。

ひばりヶ丘駅では、引き続き西武グループ一体で駅舎改修工事と駅ナカ商業施設のリニューアル工事を実施。「エミオひばりヶ丘」では、2021年夏頃オープンを目指し店舗増床や既存店舗の改修を行う。

2020年度に橋上駅舎化・自由通路の供用を開始した多磨駅は、2021年度の事業完了を見込む。エレベーター、エスカレーターなどのバリアフリー施設整備による利便性向上を図る。

2021年5月19日にグランドオープンする「西武園ゆうえんち」最寄りの西武園ゆうえんち駅は、新たなメインエントランスとなる駅として自動改札機の増床・旅客トイレの改修などを行う。

また、大泉学駅駅、保谷駅、西武新宿駅、南大塚駅、玉川上水駅など計8駅で、照明器具の取替にあわせてLED照明を導入する。

その他安全対策として、内包線付き点状ブロックの整備、ホーム隙間転落検知システムの設置、ホームドアの整備検討も進める。

鉄道チャンネル編集部

#リニューアル #西武 #対策


40000系車両を3本増備 ひばりヶ丘駅や多磨駅のリニューアルも 西武2021年度鉄道事業設備投資計画

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました