東武鉄道は12日、昨年から今年にかけて100系「スペーシア」と200型「りょうもう」がデビュー30周年を迎えたことを記念し、「スペーシア」2種類・「りょうもう」1種類のリバイバルカラー車両を6月5日から順次運行すると発表した。

東武鉄道の特急車両「スペーシア」。デビュー当初の帯色はパープルルビーレッドとサニーコーラルオレンジの2色だった

リバイバルカラー車両の第1弾として、「スペーシア」5編成(102・105・107・108・109編成)をデビュー当時のカラーリングに塗装。ジャスミンホワイトを基調とし、帯色にパープルルビーレッドとサニーコーラルオレンジを用い、窓部にブラックラインを配したカラーリングとなる。今年度は2編成で実施予定とされ、6月5日以降、塗装の完了した編成から順次、営業運転を行う。

今後、100系「スペーシア」のうち1編成(101編成)に別のリバイバルカラー塗装を施すほか、200型「りょうもう」の2編成(205・209編成)にもリバイバルカラー塗装を実施する予定。内容や時期は決定し次第、改めて発表される。

リバイバルカラー車両の運行を記念し、運行開始日の6月5日から「スペーシア」リバイバルカラー記念乗車券を東武線の11駅(浅草駅、とうきょうスカイツリー駅、曳舟駅、北千住駅、春日部駅、栃木駅、新栃木駅、新鹿沼駅、下今市駅、東武日光駅、鬼怒川温泉駅)で発売。1セット1,000円で発売数は2,000セット、発売期間は7月4日までとなる。

JR線直通の特急「スペーシアきぬがわ」(2011年撮影)

運行開始日の6月5日、デビュー当時のカラーリングに塗装した100系「スペーシア」の臨時貸切列車に乗車し、東武ワールドスクウェアで園内見学・昼食を楽しも、参加者限定の鉄道関係商品販売会にも参加できるツアーを開催。大人1万3,200円・こども1万400円で、5月13日11時から東武トップツアーズにて受付を開始する。

#電車 #東武鉄道 #特急列車


東武鉄道「スペーシア」デビュー当時のリバイバルカラー車両が登場

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました