近畿日本鉄道は12日、ダイヤ変更を7月3日に実施すると発表した。コロナ禍における利用状況を勘案し、列車の運転本数、運転区間、時刻など見直しとなる。

近鉄が7月3日にダイヤ変更を実施

一般列車については、とくに夜間時間帯の利用が大きく減少していることから、大阪線、京都線、南大阪線などで最終列車を繰り上げ(8~29分)、各ターミナル駅を22時以降に発車する列車の運転本数・運転区間など見直す。一部区間において、昼間時間帯の運転本数も見直しとなる。

特急列車については、各線で利用の少ない特急列車を運転取りやめとするほか、年間を通じて運転する「定期特急」(おもに昼間時間帯における特急列車)の一部を「お客さまの需要に応じて運転する特急」に変更するなど、利用状況により柔軟に対応できるダイヤとする。また、土休日の大阪上本町駅9時50分発、宇治山田行の特急を大阪難波発鳥羽行に変更し、停車駅を見直す。

大阪線の最終列車繰上げの概要
京都線の最終列車繰上げの概要
南大阪線の最終列車繰上げの概要
近鉄の主要4駅において、22時以降の乗降者数が平日・土休日ともに大きく減少している
ダイヤ変更後、特急列車の運転本数も変更に

#ダイヤ改正 #特急列車 #近鉄 #電車


近鉄、7/3ダイヤ変更 – 最終列車繰上げ、本数・区間の見直しなど

関連記事

日本人の南極上陸110年 鉄道技術が極地での挑戦を支える側面も

「硬券」頑固に現役…島原鉄道

「そうだ 京都、行こう。」“花と水”をテーマとした新キャンペーンを展開

「小田急まなたび鉄道倶楽部」発足!鉄道の魅力を発見する小田急線ツアーをお届けします!「小田急線を親子で学ぶ体験ツアー」3つのプログラムを開催

夏休み企画!親子で楽しめる全7回の体験プログラム・アクティビティ「小田急グループ 親子体験イベント2021」を開催

リニア・鉄道館、夏のイベント開催 – 超電導リニアの模型作成など