愛知県設楽町の道の駅「したら」が13日にオープンするのに先立ち、報道関係者向けの内覧会が行われた。敷地内には食堂や物販エリア、地元酒造メーカーの酒造り体験施設、郷土博物館が設けられたほか、廃線となった鉄道の木製車両が展示されている。同町内で道の駅の開業は3カ所目。
食堂では、地元産の野菜、魚のほか、野生鳥獣の食肉「ジビエ」を使ったメニューを味わえる。酒造り体験施設は、廃校となった学校の資材を再利用し、理科室をイメージ。日本酒や甘酒づくりを体験できる。
博物館は、町内に生息する動物のはく製、歴史・生活史料などを展示。屋外に展示された木製車両は、1968年に廃線となった旧豊橋鉄道田口線の「モハ14型」で、博物館の展示物とともに、町の中心部から移設された。

#道の駅 #博物館 #廃線 #車両


道の駅「したら」オープンへ=愛知県設楽町〔地域〕

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました