JR東日本とOpenStreetは、駅と地域の間の移動を拡充することを目的に資本業務提携を行うと発表した。OpenStreetが実施する第三者割当増資による新株発行をJR東日本が引き受ける方式で行う。

JR東日本とシェアサイクルのOpenStreetが業務提携

今回の資本業務提携により、顧客接点である駅・駅ビルと1,200万人以上の「JRE POINT」会員基盤を有するJR東日本グループと、国内最大級のシェアサイクルプラットフォームを展開するOpenStreetの双方の強みを掛け合わせ、駅と地域間の移動機能を拡充させることをめざす。

具体的な協業内容は、駅ビル等へのシェアサイクルステーション拠点の拡充と、「JRE POINT」などとの連携。鉄道とシェアサイクルを連携することで、街の回遊性向上につなげる。シェアサイクル利用で「JRE POINT」が貯まる取組みも始める。JR東日本の都市型MaaSアプリ「Ringo Pass」と、OpenStreetが提供するシェアサイクルの連携についても準備を進める。

#JR東日本


JR東日本、駅と地域の間の移動拡充を目的にOpenStreetと業務提携へ

関連記事

【遠州鉄道】地上14階建て、総戸数39戸の新築分譲マンション「ブライトタウン浜松ザ・フロント」7/3よりプロジェクト発表会開催決定。来場予約受付開始。

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は