JR九州は、九州新幹線博多~鹿児島中央間にて、1個900円から荷物を運ぶ新サービス「はやっ! 便」を開始すると発表した。九州新幹線の旧車内販売準備室を活用した荷物輸送サービスとなる。

生鮮食品や企業間の急ぎの書類などの輸送を想定する「はやっ! 便」

「はやっ! 便」では、1個10kg以内で、縦・横・高さの3辺の合計が140cm以内の荷物を送ることができる。荷物を置くスペースは常温のため、保冷が必要な荷物は荷主が保冷剤を入れるなどの対応が必要。荷物の受付と引渡しは各駅の「みどりの窓口」で行う。

料金は、60サイズ(3辺の合計60cm)・最大重量3kgが900円、80サイズ(3辺の合計80cm)・最大重量6kgが1,200円、100サイズ(3辺の合計100cm)・最大重量10kgが1,500円、140サイズ(3辺の合計140cm)・最大重量10kgが2,000円。すべて元払いで、着払いサービスは行わない。

「はやっ! 便」のしくみ
「はやっ! 便」で荷物輸送を行う時刻

鹿児島方面は午前便・夕方便の2本、博多方面は午前便・昼便・夕方便の3本で荷物輸送を行う。企業間の急ぎの書類や機械部品、朝採れ野菜・鮮魚など生鮮品の利用を想定しているとのこと。5月18日から毎日実施する。

#新幹線 #JR九州 #電車


JR九州「はやっ! 便」開始、九州新幹線の旧車内販売準備室を活用

関連記事

京王井の頭線沿線にあじさい、風景動画公開 – 運転台からの映像も

京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

日本の旅客用鉄道車両で最多の3447両が落成。首都圏、京阪神地区などで活躍した103系電車を詳しく解説。旅鉄車両ファイル001『国鉄103系通勤形電車』刊行

鉄道が大好きな子どもがかっこいい電車の写真やイラストで楽しく数字や算数を覚えることができる『でんしゃでまなぶすうじとさんすう』を刊行

【ワクセルトークセッション企画】銚子電気鉄道株式会社社長「竹本勝紀氏」×映画監督「赤井宏次氏」の対談を実施しました