『ムーンライト』(2018)『ビール・ストリートの恋人たち』(2018)などで知られるバリ ー・ジェンキンスが手がけるAmazon Original作品「地下鉄道 ~自由への旅路~」より、2021年5月14日(金)の配信開始に先がけて予告編が公開された。



本シリーズの原作は、ピューリッツァー賞受賞作家コルソン・ホワイトヘッドによる小説『地下鉄道』(早川書房)。南北戦争以前の南部で自由を求めて必死に生きる一人の少女コーラ・ランドルの物語だ。 噂の地下鉄道を目指してジョージアのプランテーションを脱走したコーラは、単なる例えや比喩ではなく、エンジニアと車掌で溢れた実際の鉄道や、南部の土壌の下にある線路とトンネルの秘密のネットワークを発見する。

脱走したコーラだが、道中で賞金稼ぎのリッジウェイに追われることになる。コーラの母親メイベルは、リッジウェイが捕まえたことがない唯一の人間であるため、リッジウェイはコーラを連れ戻すことに固執しているのだ。また、コーラは州をまたぐ時に、自分を置き去りにした母親が残したモノと対面。不可能だと思っていた人生を実現するべく、苦労することになる。

配信開始に先がけて、アーティスティックかつ写実的な仕上がりの予告編が到着。迫りくる白人たちから逃げるための覚悟が主人公コーラの表情に見て取れる。『ムーンライト』では一人の男性の繊細な心の移ろいを表現したバリー・ジェンキンス監督が本作で映し出すものとは…?

https://vimeo.com/470453067

https://vimeo.com/469587898

コーラ役を務めるのは新鋭スソ・ムベドゥ。少年ホーマー役をチェイス・W・ディロン、リッジウェイ役にジョエル・エドガートンが演じるほか、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)のデイモン・ヘリマン、『ミッドサマー』(2019)のウィリアム・ジャクソン・ハーパー&ウィル・ポールター、『バイス』(2018)のリリー・レーブなどが参加している。

ジェンキンスは製作のほか、全10話の監督を兼任する。ほか製作総指揮として、『それでも夜は明ける』(2013)や『ムーンライト』『ビール・ストリートの恋人たち』の #ブラッド・ピット 、デデ・ガードナー、ジェレミー・クライナーらが名を連ねている。

「地下鉄道 〜自由への旅路〜」は、2021年5月14日(金)独占配信開始予定。

「地下鉄道 ~自由への旅路~」公式サイト

#地下 #ムーンライト #南北戦争 #監督


『ムーンライト』監督の新シリーズ「地下鉄道 〜自由への旅路〜」予告編 ─ 南北戦争以前、自由求める少女の逃避行

関連記事

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信

伊豆箱根鉄道、富士山三島東急ホテル開業1周年でコラボ記念乗車券

速くて便利な「高速鉄道」が誕生し、普及してきた経緯=中国

黒塗りのDD200形が川崎重工業を出場、行き先はJR九州 熊本車両センター

【お家で伊豆急】黒船電車の運転席VRを視聴、360°ならではの意外な遊び心

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!